プロマネを目指すフリーランス研究協会

フリーランスの魅力は高額報酬

魅力的な高額報酬

プロジェクトマネージャーにステップアップすることには、かなりの魅力が感じられます。その魅力の中には、高額報酬や希望の持てる将来性なども含まれています。会社に雇われるよりもフリーランスになって活躍する方がより高い年収が得られ、将来の活動幅も広がると考えられます。ここでは、プロジェクトマネージャーの報酬がどれくらい高いのかや将来性があるかどうかについて紹介します。

魅力的な高額報酬


フリーランスの方が年収が高い

プロジェクトマネージャーは、会社に雇われているかフリーランスかによって、もらっている年収に大きな差が出てきます。まず、会社で雇われて働いているプロジェクトマネージャーですが、2013年度のある調査による統計では、平均年収が643万円でした。この時の統計では全部で100種類の職種の年収を比較しており、その中でプロジェクトマネージャーの年収は6位にランクインしていたことから、かなり年収の平均が高い職業だということが分かります。もし、平均収入額よりも今の収入が低いようであれば、もっとチャレンジを続けることで年収をアップさせることができるようになると考えられます。年収が高いプロジェクトマネージャーは、フリーランスのように経営者的な側面も持っていうことが多く、年収が1000万円という人も中にはいるのです。年収アップに繋げるのであれば、フリーランスや良い転職先を見つけることも必要になります。

若さがなくても働けて将来性がある

プロジェクトマネージャーとして活躍している人の年齢を見ると、平均は40代中頃くらいになっています。ここから分かるのは、プロジェクトマネージャーとしてやっていくのには、若い必要はないということです。若くなければできないという職業ではないため、非常に将来性があると考えられます。プロジェクトマネージャーの将来性は、年齢の他にもその需要の高さでも判断することができます。プロジェクトマネージャー自体が高い需要を誇っていますが、その中でも高いコミュニケーション能力を持ったプロジェクトマネージャーは、多くの会社から必要とされています。会社は優秀なプロジェクトマネージャーを自分たちで育てる必要がありますが、実際に教育をしているという会社はそこまで多くないのです。つまり、自分たちで優秀なプロジェクトマネージャーを作り出せていないということから、自分が優秀な人材になれれば更に需要が増すということなのです。プロジェクトマネージャーは、どの会社でも人数不足となっているため、好条件で転職をして年収をアップすることもできる職業です。数ある職業の中でもかなり将来性があると考えらえるため、プロジェクトマネージャーを目指す人が多くなっています。

特集記事

Copyright © 2015 プロマネを目指すフリーランス研究協会 All Rights Reserved.