プロマネを目指すフリーランス研究協会

フリーランスが失敗してはいけないポイント。契約の仕方について

失敗しない契約の仕方

フリーランスで仕事をするようになると、自分で営業、契約、請求までの全ての工程をしなければなりません。もし契約で失敗してしまうと、全て自分自身に降りかかってきてしまうということから、失敗しない契約の仕方を学んでおくことが必要です。ここでは、契約を成功させるために注意すべき点を紹介していきます。

失敗しない契約の仕方


契約時の書類についての注意点

フリーランスのプロジェクトマネージャーとして働くのであれば、契約を失敗しないことがとても重要になります。フリーランスは、契約の締結を始めとする全ての仕事を自分でやらなければならないということで、注意点をどれだけ知っているかが大事なのです。まず、契約をするということは契約書が必要になりますが、提示された契約書の内容は全てしっかりと目を通すことが必要です。もし契約書に目を通さずに契約をしてしまうと、仕様変更の要求や作業途中での契約打ち切りなどの問題が起こることが考えられます。不利にならないためには、契約書に目を通すことだけでなく、仕様を正確に決めておくことや秘密保持契約についても注意しなければなりません。
特に、秘密保持契約については、どのような内容かを読まずに契約してしまうと、今後自社のホームページに実績として掲載できなくなってしまう可能性があります。こうなってしまうと、今後請け負う事業にも影響が出てきてしまうため、提示された契約書には全てしっかりと目を通すことが必要なのです。契約書の他には、見積書や納品書、請求書といった書類も存在し、それらもしっかりとした確認が必要です。記載事項を確認して大事に取っておくことで証拠にすることができますし、トラブルを防ぐことにも繋がります。

報酬やその他のお金に関する注意点

フリーランスが契約をする時には、色々とお金の問題も浮上してきます。契約の中には報酬の金額や支払い方法をどうするかという問題があり、納品後に値引き要求されないように仕様を決めておかなければなりません。また、支払時期がいつになるのかは自分の生活にも大きく影響する部分ですし、着手金やキャンセル時の規定も後からお金が貰えなかったということがないように、しっかりと考えておくようにしましょう。仕事を請け負うということになれば請負契約書や領収書も登場してきますが、これらには必ず収入印紙を貼らなければなりません。貼り忘れや、貼ったとしても金額が間違っているということのないようにしましょう。フリーランスで仕事をする際には、源泉徴収がされているのかされていないのかにも着目しなければなりません。源泉徴収の時の消費税や、実際に源泉徴収の対象になるのかを確認しておくことで無駄なトラブルをなくすことができるため、契約の時には忘れてはいけないのです。

特集記事

Copyright © 2015 プロマネを目指すフリーランス研究協会 All Rights Reserved.