プロマネを目指すフリーランス研究協会

プロジェクトマネージャーの需要は上がり続けています

需要は右肩上がり

IT・Web業界に進みたいと思っている人に人気の職業が、プロジェクトマネージャーです。プロジェクトマネージャーは、需要が右肩上がりになっているということもあり転職をしようと考えている人も多くなっています。ここでは、プロジェクトマネージャーとその求人の状況について紹介します。

需要は右肩上がり


プロジェクトマネージャーとは

プロジェクトマネージャーは開発プロジェクトの責任者であり、プロジェクトが成功するように管理・運営する役割を担っています。プロジェクトが成功するためには、品質や予算をしっかりと管理して納期を守らなければなりません。全体を管理する仕事を担う人材を確保することによって、会社は安心して開発プロジェクトを進めていくことができるのです。多くの会社でプロジェクトマネージャーが働いていますが、会社によって求められるスキルが少しずつ違ってくるため、就職する際には気を付けなければなりません。役割やスキルの違いはありますが、多くの企業でマネジメント力やリーダーシップ、プログラミングスキルなどが求められています。ただプログラミングができるというだけでは、プロジェクトマネージャーになることは難しいということです。

転職にも向いている職業の一つ

プロジェクトマネージャーはIT業界ではかなり人気の職業ではありますが、常に業界全体でその人数が不足しているという職業です。そのため、その需要の高さを狙って転職をすることもできるようになっています。転職先はその多くが好条件であることが多いですが、やはり実際に仕事をしてみると自分に合っているかどうかは変わってくるため、その会社で携わることができるプロジェクトは何かなどについて事前によく調べることが必要です。

質の高いプロジェクトマネージャーが求められる

システムエンジニアなどを経験した人が、次のステップアップを目指す際に目標にするのがプロジェクトマネージャーです。しかし、システムエンジニアにとっては、プロジェクトマネージャーになってから多くの違いが露呈して戸惑ってしまうことも考えられます。システムエンジニアは、プロジェクト開発を黙々と進めることが仕事です。しかし、プロジェクトマネージャーは、チームメンバーとのコミュニケーションを多くとり、スケジュールやリスクの管理、高いプレゼン能力なども発揮しなければなりません。もしこのような能力が低い人がプロジェクトマネージャーになることがあれば、会社で人数は確保できても、安心してプロジェクト開発を任せられる質の高い人間は足りなくなってしまいます。プロジェクトマネージャーの求人は多く需要は高まっていますが、質が高く本当に使える人材を確保するというのは、多くの企業で課題になっているのです。もし質が高ければ会社が育成する必要もなくなるため、求人に応募すると喜ばれる傾向にあります。

特集記事

Copyright © 2015 プロマネを目指すフリーランス研究協会 All Rights Reserved.