プロマネを目指すフリーランス研究協会

プロジェクトマネージャーに求められる仕事内容とは

求められる5つの仕事

システムエンジニアなどを経験してきた人がステップアップする時に、プロジェクトマネージャーを選択することもあるでしょう。プロジェクトマネージャーは、プロジェクト開発の成功という大きな責任を任されるため、その仕事内容も比較的多くなっています。フリーランスの方でプロジェクトマネージャーになることを考えている人の参考になるように、求められる5つの仕事内容を見ていきます。

求められる5つの仕事


成功のために求められる仕事が多い

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト開発が成功するために様々な仕事をすることが想定されている職業です。そのため、プログラミングの能力も必要ですが、それだけができれば良いという話ではありません。プロジェクトの目標を定めて計画を作り、他のメンバーとのコミュニケーションを何度もとりながら、最終的にプロジェクト開発を成功させることが求められます。プロジェクト開発を進めていく中で、時に重大な問題やトラブルが発生することも考えられます。しかし、プロジェクトには納期があるため、トラブルが発生してから対応するようでは間に合わない可能性があるのです。未来を予見しながら行動をすることも求められているため、プロジェクトマネージャーは非常に大変な職業だと考えられます。

プロジェクトマネージャーの5つの仕事内容

プロジェクトマネージャーになると、次の5つの仕事をすることになります。
1.プロジェクト目標を設定し、それを計画に落とし込む仕事
立ち上げられたプロジェクトは、それを承認する公式の文書が発表されるようになっており、その中にプロジェクトマネージャーの任命についても記載されています。任命されたプロジェクトマネージャーは、示されたプロジェクトの目的に合わせてコストやマイルストーンなどの目標を立てなければなりません。そして、その目標を受けて計画を作成していき、顧客やチームメンバーや上層部などのステークホルダーと共有します。
2.チームを編成して運営方法を決める作業
メンバーを招集して、思考規範や行動規範などの運営方法を決めるという作業です。作成した計画が実行できるように、しっかりと考えなければなりません。
3.外注やメンバーの仕事を評価すると共に、計画の実行を進める作業
プロジェクトマネージャーは計画は立てますが、それに基づいてサービスなどを作ることはしません。その代わりに、外注やメンバーを評価しながら、どうすれば計画通りに進めていけるかを考えなければならないのです。
4.上手にステークホルダーと付き合う
ステークホルダーが欲している情報をすぐに提供して、説明責任を果たすことが求められます。
5.リスク管理と問題解決を図る作業
計画は必ずスムーズに進められるとは限らず、何らかの障害が発生することも考えられます。それをあらかじめ予測し、問題解決の手段やシナリオをよく考えることが求められます。

特集記事

Copyright © 2015 プロマネを目指すフリーランス研究協会 All Rights Reserved.