プロマネを目指すフリーランス研究協会

プロジェクトマネージャーに必要な資質とは

重要な4つの資質

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト開発を進めていく中で、最終的に成功させられるかどうかにかなり影響する職業と言われています。そのため、プロジェクトマネージャーには優秀さが求められ、優秀なプロジェクトマネージャーを有している企業の方が競争力が高いということが分かります。しかし、実際に企業が優秀な人材の育成に力を入れているかというとそうではなく、また、力を入れていても資質が足りないということもあるのです。ここでは、フリーランスのプロジェクトマネージャーに求められる4つの資質を紹介します。

重要な4つの資質


プロジェクトの成功を大きく左右する

プロジェクトを進める際にはしっかりとした計画を立てる必要があり、更には会社の内外から集めたメンバーと一緒に行わなければなりません。このような作業は、どれもプロジェクトマネージャーが責任を持って行わなければならないものです。やることも多いですし、プロジェクトが成功するかどうかが左右されることになるので、プロジェクトマネージャーは非常にその能力の高さが重視されます。プロジェクトマネージャーになろうと思えば、勉強をすれば誰でもなれる可能性があります。しかし、プロジェクトを成功させるためにはその人が優秀である必要があり、会社もなるべく優秀な人材を手元に置いておきたいと考えます。優秀なプロジェクトマネージャーを手に入れたいのであれば会社としては社員を育成する必要があるのですが、実際に育成している会社はあまり多くありません。つまり、優秀になれるだけの資質がある場合でも、それを無駄にしている可能性があるということなのです。

必要な4つの資質とは?

優秀なプロジェクトマネージャーになるためには、次の4つの資質が必要だと言われています。この資質というのは、「常に目的の達成に焦点を置いていること」「分析的であること」「プロ意識を持っていること」「誠実であること」という内容になっています。「常に目的の達成に焦点を置いていること」というのは、優秀なプロジェクトマネージャーはその場の雰囲気だけで物事を判断せず、自分の意思決定がプロジェクトにどのような影響を与えるかを考えた上で決定を下します。これは、簡単にできるようで実は難しい能力なのです。「分析的であること」についても、プロジェクトマネージャーの判断が結果を大きく左右するということから分かります。「プロ意識」については、プロジェクトマネージャーは自分がプロフェッショナルなのだという意識を持つことで、どのような状況に陥ってもプロジェクトを成功へと導くことができるようになります。最後の「誠実であること」は、プロジェクトを成功させるためには最も重要な資質であると考えられます。成功させるためには、関係者との信頼関係を築くことが求められます。信頼関係は誠実な人間でないと築くことが難しくなるため、このような資質が求められているのです。

特集記事

Copyright © 2015 プロマネを目指すフリーランス研究協会 All Rights Reserved.